文字サイズ
入居したい 施設について > 
平成23年10月20日に高齢者の居住の安定確保に関する法律の改正法が施行
国土交通省・厚生労働省が連携して行う「高齢者住まい法」改正により位置づけられる高齢者向け賃貸住宅と高齢者生活支援施設の一体的な整備事業改正法により「サービス付き高齢者向け住宅」として施行されるものです。
平成24年4月1日に介護サービスの基盤強化のための介護保険法の一部改正が施行
市町村介護保険事業計画は、居住に関する事項を定める計画と調和が保たれたものでなければばらないものとし、都道府県介護保険事業支援計画は、高齢者の居住の安定確保に関する法律に規定する高齢者居住安定確保計画と調和が保たれたものでなければならないものとすること。

サービス付き高齢者向け住宅整備事業は、高齢者世帯や要介護者等の増加に対応し、高齢者が安心して生活することができる住まい・住環境の整備により、その居住の安定確保を図ることを目的としています。
 
Copyright(C) ikoi-sato Japan allright reserved.
禁無断転機 This site is in Japanese only.